FC2ブログ

TOMiCA's log

憧れのひと





当時、私はSMバーで働いていた。
そこで出逢った歳上のS女性。
彼女はその店のお客さんだった。
スレンダーで、華やかで聡明な顔立ち。
それでいてとても気さくで、面白くて。
何をしても器用で。
そんな彼女に私は少し憧れていた。

彼女は偶に飼っているM男性を連れてきた。
彼女に飼われているM男性は何人もいたけれど、皆名前は一緒だった。
その名前を、仮にリュウとする。

何故、皆リュウさんなんですか?

わたしは彼女に訊ねた。

「初めて飼ったM男の名前がリュウだったの。だから、それからM男は皆、リュウなの。」



ある日、彼女はいつもの様に男性を連れてきた。

いつものカウンターの端の席に座るなり、彼女はこう言った。
「彼はS男性だから、よろしくね。S仲間なの。」

彼女よりも随分と歳上に見えるその男性は、自身の性癖のことーどんなM女性が好きか、どんなふうに責めると興奮するかーを、酒を飲みながら私に、彼女に、沢山話した。
彼女は、いつものM男性と接するときとは少しだけ違う様な感じがした。
その男性をすこし持ち上げる様な、そんな風だった。
大人のサディスト2人の話はとても面白かった。
いつの間にか私は2人の話に頷くだけになってしまっていた。

あっという間に時間は過ぎた。

「リュウさん、そろそろ帰りましょうか、」

彼女は帰り際に初めてその男性の名前を呼んだ。

「リュウ」

その名前は。


2人を見送りながら、私の内側はどんどん熱くなっていった。

その二人がどうなったのかは、私は知らない。

きっと、その男性は、自身が気付かぬうちに、どんどん堕ちていって、彼女のM男になるんだろう。
彼女の掌の上で。

そう思うと私はもっと高揚し、彼女のことがもっともっと好きになった。




これは、わたしがSMの世界に飛び込んで間もない頃のおはなし。



十三花
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 2017/02/12(日) 16:52:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<溶ける | ホーム | >>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2017/02/17(金) 19:55:17 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomicamyrrh.blog.fc2.com/tb.php/202-b4f3b557
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

プロフィール

十三花(TOMiCA )

Author:十三花(TOMiCA )
拠点を名古屋から東京に移し、SM活動中。
まだまだ勉強中ですが、緊縛が好きです。

楽しいことが大好き。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (129)
play (85)
日常 (12)
独り言 (1)
イベント (23)
show (5)

 Twitter

SM以外の日常的な事も日々呟いています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR