FC2ブログ

TOMiCA's log

お話と現実と




[ストーリー]
美里と彩女は同級生。
2人は親友である。
いや、正しく言うと、親友'だった'。
美里が彩女の彼氏を寝取るまでは。

彩女の姉の十三花は、可愛い妹を傷つけた美里に対して、激しい怒りを感じていた。

ある日、十三花は美里を家に呼び出した。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


白いワンピースを着た美里は、下を向いてもじもじと言い訳をする。
違うんです、違うんです、寝取ったわけじゃありません…
只管それを繰り返す。

ハサミで引き裂かれるワンピース。
妹を傷つけた奴は、絶対に許さない。

麻縄で縛り上げ、激しく鞭を振る。

やめて、お願いしします…違うんです…
美里の声は鞭の音に消される。



もう気が済んだわ。これからも仲良くしましょうね。これで仲直りよ。

3人分のケーキ。

私と、妹の彩女の分と、それから美里の分。

それぞれとり分ける。

はい、美里ちゃん。
手に取ったケーキを床に落とし、踏みつける。

美味しそうでしょ?





美里は私のハイヒールの底についたケーキを舐めとる。
夢中になって。

「もっと舐めさせてください」

その一言で全てが壊れる。
美里はそんな事は絶対に言わない。


そう、これは、変態のおじさんが作り上げた、ストーリープレイ。
お話の役になりきれなかった、かわいそうな変態。
引き戻す。元の姿に。

美里なんて言って。本当は、ただの変態なんでしょう?



目隠しと猿轡をして、椅子に拘束する。
蝋燭や鞭で。執拗に責める。



縄を解き、目隠しを外して。
じっと瞳を見つめて。
問いかける。
「あなたは、誰?」

「私は…私は、美里です…」

まだ目が覚めていない。
もっと、激しくしないと、目が覚めない。





容赦なく。2人で。一本鞭を振り下ろす。
何度も。


そしてもう一度、問いかける。
「あなたは、誰?」

「私は…私は、変態です。変態の、おじさんです。」

やっと目を覚ました。
お前は女の子じゃない。
友達の彼氏を寝取っていない。
それは全てお前が作り出した物語。
私は彩女さんのお姉さんじゃない。
ここは私の家なんかじゃない。

自分が作り出した物語の筋書きすら忘れてしまったマゾ。
ハイヒールの底にへばりついたケーキのクリームをいやらしく舐めとる変態。


容赦なく罵りの言葉を投げかける。
その言葉にうっとりとした表情を浮かべて…

もっと、もっと罵ってください!

そして2人の目の前で・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



Sさんへ。
お久しぶりでしたね。毎回凝ったストーリーを用意してくれてありがとう。今回も楽しみました。
彩女さん、プレイ見学だったけれど、見学というよりはダブルミストレスでしたね。
ワンピースをハサミで切り裂き、引き千切る音。
まだ耳に残っています。

お話から目を覚まさせる瞬間が最高に気持ちいいです。
壇上でのオナニーショーもみっともなくて最高でした。
ケーキ、とっても美味しくて思わずお店の名前をメモしちゃいました。ごちそうさまでした。

見学ではなく正式に彩女さんとダブルミストレスとしてSさんを責める日を楽しみに待っています。

ありがとうございました。


十三花

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 2016/03/13(日) 00:57:00|
  2. play
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<蔵出しお道具 | ホーム | クズ。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomicamyrrh.blog.fc2.com/tb.php/159-5933640d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

プロフィール

十三花(TOMiCA )

Author:十三花(TOMiCA )
拠点を名古屋から東京に移し、SM活動中。
まだまだ勉強中ですが、緊縛が好きです。

楽しいことが大好き。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (129)
play (85)
日常 (12)
独り言 (1)
イベント (23)
show (5)

 Twitter

SM以外の日常的な事も日々呟いています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR