FC2ブログ

TOMiCA's log

warp!!







ここは名古屋市緑区にある喫茶店。
内装があまりにも素敵で。

何かの為に、ではなく。

大好きな昭和な雰囲気の場所で写真を撮りたい!
ただそれだけで撮影しました。


フォトグラファーは何度も私の写真を撮ってくれている友達。


メイクも美容のお仕事をしている友達がしてくれました。



大好きな友達と素敵な空間で撮影。
楽しかった♡



他にも沢山撮ったのでいつかまた公開する、かも。




快く撮影許可を下さった喫茶店のママさん、ありがとうございました。



十三花
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2017/09/23(土) 00:22:22|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

9月9日






1.


菊が怖かった。

子供の頃、大輪の菊の花が怖かった。

それは大きければ大きいほど、首輪をはめられていた。

大きければ大きいほど美しかった。

首輪をはめられている菊の側には、決まって老人がいた。

誇らしげな表情、ぴんと背筋の伸びたお爺さん。

それは菊より恐かった。

自身を支えきれない程に大きく光る菊の花。

この首輪を取ればこの菊は死ぬのか、そう思うと一層こわかった。

でも、目を離せなかった。




アサガオのそれとは違う、菊の首輪。
夕闇に浮かぶ大輪の菊。





2.


彼に初めて会ったのはいつだっただろうか。

彼にとって8年振りのそれ。

ずっと慕っていた方が引退してからこんなことはしていなかったという。

彼のそれは完璧だった。

私の大きな荷物を何の躊躇いもなくベッドの上に寝かせた。

彼は、柔らかな、高いベッドより、床を選んだ。


「お会いさせて頂きありがとうございます。」

8年振りに跪く。

きっとその瞬間は8年前、もっと前を思い出していたんだろう。

それから何度もそうなった。

私は彼の向こうに8年前のハイヒールを垣間見る。

きっと、美しく、立派で、完璧な女性。

こんな風に育てたのだから。

彼のそれを、こんなに大きく咲かせたのだから。

8年前に、首輪を取られた瞬間に。彼のそれは死んだのだろう。


3.


「私たち、初めて会ったのはいつだったっけ?」

「3ヶ月前です。」

もっと昔な気がしていたけれど、まだたったの三ヶ月。

私はまた新しく彼のそれを育てているけれど、まだ。
首輪をとっても大丈夫、たった三ヶ月。

死なない筈だ。

それを伝えたら彼は少し寂しそうな顔をした。

外したら死ぬくらい大きく育ててみたいと思った、9月9日。




菊の節句。
  1. 2017/09/11(月) 11:08:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シルバーウィークイベントのお知らせ+α


期間:9月16日(土)~24日(日)






プレイ時間:180分






料金:38,000円(別途 指名料・ホテル代 ご新規様は入会金)





シルバーウィーク。確か数年前に暦の関係で連休になり使われ始めた言葉ですね。
特に大型連休になるわけではないのですが、ミルラ流シルバーウィークです。



3時間。長いようで意外とそうでもないかも。いい時間はあっという間ね。
通常だと170分で44,000円なのでかなりお得なイベントですよ。






と。このイベントの告知だけではちょっと短いから何か別のお話をしましょうか。

刺青のお話にしましょう。

私は外を歩くときは刺青を隠しています。
真夏でも一枚、薄手の上着を羽織ります。
何故?好きでいれたから見せたいんじゃないの?日本は生きづらいでしょう?

そんな風に何度も言われました。

何故…それは。まずは、日焼けしないように。
大切な肌ですから。

あとね。私の宝物は私のこの鮮やかな肌。
宝物って知らない人にだれそれ構わず見せるものでもないでしょう?見たい人にはみせてあげるけれど。
そして…和彫りはこわい。一般的にそう言った風潮ですが。
私も和彫丸出しで外を歩いている人は正直こわいです!うわっ こわっ!て思って下を向くと自分の服の裾から刺青がちらりしていて、ちのっと袖を伸ばしたことが何度あることか。
私の宝物。絶対無くさないの。いいでしょ。
またこんな機会があったら、刺青のお話、続きを書いて見ますね。



十三花
  1. 2017/09/09(土) 02:32:42|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

おかえり





20年振りのSMクラブだという、ワイシャツを着た痩せたおじさん。


20年間何をしていたの?


働いて、結婚して、子供を作って…普通の人間のフリをして生きていました。


そのまま生きていた方が幸せだったんじゃないの。わたしの写真がこっちの世界に引きずり戻したようだけれど、そんなことは知らない。


床に座ってごらん、きっとあなたにはそこが似合うから。嫌ならそのままでいいけれど。


ソファに座る私。


床に座ったおじさんは醜くて可愛いマゾになる。
20年振りにその醜い姿を晒し始める。


見つめて頂けるなんて嘘みたいです。


これは夢の世界なんかじゃなくて、会社を出て、電車に乗って、そしてここまで歩いて。

そこからずっと繋がっている現実。




叫び声を聞いた。震える手に触れた。



時間が来て、元の姿に戻る。ワイシャツの、痩せたおじさん。





昨日、あなたみたいな人を沢山見たの。あなたが沢山いましたよ。
知らない駅で降りて見たの。そこは沢山の長方形に囲まれていて、ワイシャツを着た、沢山のあなたが、まるで引いてある線の上をなぞるように、まっすぐに歩いてるモノクロの街でした。
昨日見たあの人たちも、今日のあなたみたいに色づくことがあるのかしら?きっとあるんでしょうね。





「私は、色づいてましたか」



「はいとても、極彩に色めきだっていましたよ」



白黒の世界から繋がっている、極彩色の世界におかえり。
  1. 2017/09/07(木) 01:38:50|
  2. play
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

愚問





どうしてこんな風になっちゃったの?


熱く、赤く、青く、黒く腫れたお尻をそっと撫でながらきいてみた。

微かに震える肌は何も答えない。



沈黙の中で思い出した。
ああそうだったね。
こんな風にしちゃったのは私だ。
無責任な愚問だったね。ごめんね。
こんな風になるまでどうして。
自分に訊いてみる。
ああそうだったね。

私は君の初めてのひとだ。初めてこうしたとき、君は、どんどん閉じこもっていくだけで、声ひとつあげなかった。

見てみたかったの。狂うのを。
聞いてみたかったの。叫び声を。




三度目でやっと聞けるようになったその声。



こうなるまでに何度も訊いたね。

もう嫌になっちゃった?

君はしっかりとした声でこう答えた。


「いいえ」






そして私はさよならする前にこう訊いた。

こうなって、幸せ?


「わかりません」

そう、それでいい。こんなことで幸せになってはいけない。どんどん堕ちていけばいい。
そしてまたこうやって、遠いまちから私に会いにくればいい。


ねぇ、知ってる?
君がくれた絵。
あの絵の中にいるのは、遠い昔の連続殺人鬼。

  1. 2017/09/03(日) 17:57:13|
  2. play
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

最新記事

プロフィール

十三花(TOMiCA )

Author:十三花(TOMiCA )
拠点を名古屋から東京に移し、SM活動中。
まだまだ勉強中ですが、緊縛が好きです。

楽しいことが大好き。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (110)
play (79)
日常 (12)
独り言 (1)
イベント (16)
show (5)

 Twitter

SM以外の日常的な事も日々呟いています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR