FC2ブログ

13th floor

十三花先生のSM教室 ~恥辱と悦楽の美術室~



Sさんと私は、いつもストーリープレイを楽しんでいます。
いつもSさんの考えた大まかな物語に沿って始まる。
どんな物語にも登場するのは、みさとという独りの少女。それからお互いのアドリブにより物語は進んでいきます。

ある日、ちょっとした思いつきで
「私がストーリーを考えて、その後のブログをSさんが書くのはどう?」
と、提案してみました。


後日Sさんに送ったストーリーはこちら。

十三花先生は美術部の顧問。
みさとは美術部の部員で、十三花先生に憧れている。

みさとはある日の部活の終わりに、頼み事があるから一人残るように言われ、一人美術室で待っていたら、時は頼み事はヌードデッサンのモデルで…
みさとは恥ずかしくて嫌だと断るが……





ここから始まった物語は、このようになりました。この後はSさんから送られてきた文章です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「十三花先生のSM教室 ~恥辱と悦楽の美術室~」

 十三花先生は美術の先生で美術部の顧問、みさとは十三花先生に憧れる美術部の生徒で、美術大学に行って十三花先生のようになりたいと思っている。

 みさとは、そんな十三花先生をいつも熱く見つめている。鋭敏な十三花先生は、みさとの視線から、みさと自身さえ気づいていない隠れた本性を見抜いていた。

 ある日、誰も居なくなった高校の美術室にみさとを待たせていた。十三花先生は、美術部で女性の裸体画を描くために、みさとにモデルを頼む。戸惑って恥ずかしがるみさとを練習のためとモデル台に上げる。みさとは、憧れの十三花先生の頼みに、恥じらいながら赤いリボンを取り、白いブラウスのボタンを外していく。ブラウスを脱ぐと、かわいいブラジャーがふくらみきっていない乳房を覆っている。スカートを脱ぐのをためらっているみさとに、十三花先生が「早くしなさい。」と言うと、みさとはあきらめたように、赤地に黒のラインの入ったプリーツスカートを下ろす。恥ずかしそうに胸と下腹部を隠すみさと。十三花先生は、みさとにモデルのポーズを指導する。うつ伏せで尻を上げたポーズも、十三花先生の言われるまま。十三花先生は、そんなみさとをそばに立たせ、ブラジャーをずらし、乳首を指でつまんだり爪で刺激したりした。「あ、十三花先生、やめて下さい。そこはだめ。」十三花先生は、さらに乳首をもてあそぶ。言葉と裏腹に、みさとの目つきが変わっていく。みさとの乳首は、何と感じやすいことか。十三花先生は、自分の目に狂いがなかったことを確信し、おもむろに風呂敷包みを取り出す。そこには麻縄の束。おびえたように見つめるみさとに、十三花先生は、みさとの両腕を後ろに回し縄をかける。胸の上下にも縄をかけて締め上げると、モデル台にうつ伏せにする。そして、両足を開脚縛りにして足裏にも縄を回し、ぐっと締める。みさとは、縄に酔ってきたのか、小さくため息をついた。さらに、黒いストッキングを破り、パンツを下げて尻を丸出しにする。十三花先生は、思った以上にマゾの気質が隠れていることを確信して、みさとのかわいい尻に鞭を振り下ろす。「痛い、十三花先生、やめて、許して。」十三花先生は、その言葉に耳を貸さず打ち続ける。絶叫するみさとだが、十三花先生には、みさとが本当に嫌がっているとは思えなかった。

 十三花先生は、縄をほどき、みさとに本当のことを言う。「美術部でヌードを描くなんて、うそ。大学の教授にこういう趣味の人がいて、若い娘を紹介することになっているの。あなたが行くなら、美術大学に推薦してあげる。」みさとは「十三花先生だけのものになりたい。」と言うが、「みさとさん、私の顔をつぶすつもりなの。」と冷たく言い放つ。

 十三花先生は、みさとに四つん這いになるように命ずる。従うみさと。十三花先生の手には一本鞭が握られている。数回、撫でるように打った後、強烈に尻を打ち据えた。絶叫するみさと。十三花先生は、尻を、背中を、太股を嵐のように打ちまくる。しかし、みさとはもう「やめて、助けて、許して。」とは言わない。絶叫しても、その声が甘美になっていく。もう鞭の味を覚えてしまったようだ。十三花先生は、「思った以上のマゾ、調教しがいがある。」とほくそえんでいる。数十回も打たれながら、うなされるように言う、みさとの言葉を聞いた。「十三花先生、大好き。十三花先生の好きにして、もっといじめて。」

 十三花先生は、最後の仕上げに、みさとを仰向けに寝かせて両足首と、頭上で両腕を縛る。一直線に伸びたみさとの肢体。覆うものは何もない。みさとには、次に何が起こるかわかっていた。十三花先生の手には、火のついた赤い蝋燭が・・・みさとを妖しく見下ろした十三花先生は、その蝋燭をみさとの恥部の上に掲げた。傾けると、溜まった蝋が、みさとの恥部に落ちる。「熱い、十三花先生、熱い。」しかし、十三花先生には、みさとの声が甘えるように聞こえた。その蝋燭をみさとの感じやすい乳首に、胸に、腹に、太股に、そしてまた恥部に・・・みさとの身体が赤く染まっていく。「十三花先生、みさと、おかしくなりそう。熱いのにすごい。どうして。先生、もっと、もっと。」みさとは熱蝋の雨の中、もだえ続ける。

 みさとは、もう普通の女子高生として美術室を出られない。これからは、十三花先生に調教されたマゾ奴隷として・・・。

 十三花先生とみさとの狂宴は果てしなく続く。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・










スポンサーサイト
[PR]

  1. 2021/01/01(金) 23:04:02|
  2. play
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2020


なんとなく2020年が終わろうとしています。

生きてきた中でこんな経験したことなかった。外に出にくい、人に会いにくい世界。

そんな世界が怖くなって半年近くお休みを頂きご心配おかけしました。
ごめんね。

暫く会えていない人々。
あいつとも、あの子とも。君とも。
連絡先交換しておけばよかったなー!と何度も思いました。

この時期だからこそ、と頻繁に会いにきてくれた少数のマゾたち。ありがとう。


今年は撮影の機会もとても少なかったです。
が。しかし。
ミルラのボス一華さんに素敵な写真を撮って頂く機会があり、画廊での展示がありました。
とてもありがたいです。
一華さん、ありがとう御座いました。



それでは、みなさん、良いお年をお迎えください。
2021年はもっといい世の中になりますように。


十三花

  1. 2020/12/30(水) 22:35:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

かわいい♡


ふんわりとしたボブの黒髪に、白いレースのワンピース。くっきりとした二重に大きな瞳、柔らかそうな唇。

部屋を間違った?
いや、そんなことはない、その可憐な女性は私を見るなりその柔らかそうな唇に手を当てて喜んでいる。かわいい。

ずっとお会いしたかったんです、そう言う彼女の目の前で、何の気なしに上着を脱ぐ。


わぁー!かわいい!ずっと見てみたかったんです!
私の腕の竜と牡丹の和彫。
「かわいい」
そんなふうに言われることはまずない。

かわいい♡

私の身体の刺青は、色鮮やかで、かわいいのだ。
私自身もそう思うことがある。

そして 私の肌へも、私の蝶々のコルセットも。
私自身に対しても。

彼女は 「かわいい♡」を連呼する。

ふふ、かわいい子にそう言われるのは悪い気分じゃない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・










鼓動。柔らかい肌、小さな肩。膨らんだ乳房。
そらす瞳、見つめる瞳、悲鳴に似た喘ぎ声。
汗ばむ肌。背骨の窪み。
翼に似た肩甲骨、小さな足の小指。
赤く染まる肌、


かわいい。


かわいい、かわいい。
その柔らかい頬をつたう涙。


私はまたかわいいあなたに会いたい。

  1. 2020/11/08(日) 01:08:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

お~いお茶(濃い味)から駆け巡った走馬灯


清潔な人が好きだ。

だならなのか、私のマゾのシャワーは実に長い。

私が顔の上に座っても痛くないようにしっかりと髭を深剃りし、身体の隅々までくまなく洗い、湯に浸かる。


その間私は何をしているかというと。
ボンデージに着替え、ハイヒールを履き、これから行われる様々な行為に使用する道具を取り出す。

ひと息。

それでもまだ出てこない。

そんな時は自分の写真を撮ることがある。

そんな時間にさらっと撮影し、Twitterにアップした写真がこれである。



長い長いシャワーから出てきた馴染みのマゾに、さっき写真を撮っていたよ、と見せたときに気づいた。




お~いお茶が写っている!!しかも濃い味!

ああああ。

SMにお~いお茶濃い味。
PVCのコルセットにお~いお茶濃い味。
スパンキングラケットにお~いお茶濃い味。
ルブタンのハイヒールにお~いお茶濃い味。


これを見た人がショックを受けるかもしれない。

だってSMにお~いお茶濃い味だもん。

そこから19歳の私が顔を出した。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


時は平成、00年代後半。
勿論インターネットはみんな使っていた。
SNSも流行し、当時はmixiがよく使われていた。
しかし現在のようにSMの女王様や緊縛師やM女さんやM男さんが、個人個人のプレイを細かく公表していなかった気がする。

昭和の頃に比べれば随分とオープンな世界になっていたとは思うけど、今ほどではなかったと思う。


そんな頃に、高校生の頃からこっそり覗いていSMバーのウェブサイト。

私の第一志望は名古屋にある大学だったので、名古屋のSMバーのウェブサイトを見て、
「大学に合格して名古屋に暮らすことになったらここに行くんだ、むしろ働きたい」
と、勉強の糧にしていた。

そして見事第一志望に合格。

憧れのSMバーについに馳せ参ずる事になるのであった。

心臓が飛び出しそうになりながら怪しげなビルの9階へ。

扉に手をかけ。ダメだ、開く勇気がない。
扉の前で中の音に耳を澄ませて数分。

ついに扉を開く。

薄暗い照明、揺れる蝋燭の灯り。赤と黒。鉄格子。並ぶ鞭。
そしてそして、露出度の高いエナメルボンデージとサイハイブーツに身を包んだ、それはそれは美しい

「女王様!!」


19歳。根拠のない自信に満ち溢れた少女の何かが弾け、砕け、さらさらキラキラと砂のように舞う。

美しい、かっこいい、素晴らしい。

そんな言葉なんてどれも陳腐に思える。

それ程の衝撃。

初めに性癖等を記入するカルテのような調書のようなアンケート用紙。

SかMか。
どんなプレイが好きか。

初めて本物の「女王様」を目の前にした私は震えるボールペンで思わず「M」に⚪︎をつけたのをよく憶えている。

可愛らしいベビードールを着たM女さんと思われるスタッフに、「お飲み物は何になさいますか?」ときかれ、お酒を頼もうとしたら 未成年だからダメだよ、と言われコーラを出してもらう。

その時目に入ったもの。

緑色の四角いボトル。



………え??(心の声)


SMやる人が焼酎なんて飲むの……?!しかも鏡月????? は??(心の声)


衝撃的だった。
エナメルにもハイヒールにも鉄格子にも鞭にも縄にも。
全く似合わない。
焼酎。
ショック。

今思うと、SMの世界にいる人たちは、特別な人、夢の世界の人々、ファンタジーの、物語の中の人、そんな風に勘違いをしていた。

美しい女王様。
網タイツを履き、レースの下着をつけた男の人。
初めて見る数々のSMグッズ。

そこに、鏡月。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



あの頃の私のような少女が、あの頃の私が。

この写真を見たらショックを受けるはずだ。
あの鏡月のように。

寧ろ鏡月より酷い。お~いお茶濃い味だもん。

ああああ。でももうアップしちゃったからな。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


鏡月なんて!SMなんてもういい!!


なんて事には勿論ならずに、その後頻繁にそのSMバーに通っていた。

扉を開く時はいつもドキドキした。

コルセットを締めて頂き、自分のウエストにうっとりした。

初めて鞭を打たせて頂き、高揚した。

縛って頂き、女王様に恋に近いけど恋ではない感情が芽生えた。

様々なことを教えていただいた。

何より、誰にも話してなかったことを聞いて頂けた。

受け入れてもらえた。

そしてその後ひょんなことからそのお店で働く事になり10年以上SM業界に身を置いている。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



SMの世界は夢ではない。物語でもファンタジーでもなく、現実。
それは自分が経験して強く感じている。

突然世界が変わるわけではなくて、日常と地続きの特別な時間。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



19歳の私へ。

鏡月にショック受けたかもしれないけど、10年以上続けるんだからな。
お前はSMのときお~いお茶飲んでるぞ。しかも濃い味。

そのお~いお茶濃い味はお前のマゾが会う度買ってきてくれるやつだ。

お前はそのマゾの調教に成功し開発し続けている、鞭や縄や、自分の指や瞳や、様々なものを使い、そのマゾと深いところへいける。

そしてそのマゾはめちゃくちゃいいやつだ。

今のお前より、もっともっとSMにはまっていくからな。
  1. 2020/10/29(木) 19:24:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2020


新年明けましておめでとうございます。

今年も宜しくお願い致します。


時の流れがどんどんわからなくなっていて、例えば2015なんていう数字を見るとついさっきの出来事なのに、その頃の出来事を思い出すと十何年も昔に感じる。


去年の今頃の出来事なんていうのは、7年前くらいに感じる。

多分、確か。今年は私がSMを生業として12年目に突入する季節。
多分ね。


ちょっとだけ、あの話を。

2019年の終わりに、ミルラのミストレス、里緒奈さんが退店しました。

里緒奈さんとミルラの事務所で初対面した時の印象は、今だから言えるけれど。


仲良くなれなさそう!!!


でした。

だけど一緒にいて少しずつ話していくうちに、打ち解けて行きました。

SM以前の話。
彼女は人として。コミュニケーション能力に長けていて、話が滅茶苦茶に面白い。

私の話もよくよく聞いてくださって。

そうそう、もっともっと昔に感じる2015年。
今はなき新宿DXL歌舞伎町で同じステージにたちました。




そしてダブルミストレスのお話。









マゾの気持ちが掌に乗る瞬間があって、それはとてもとても気持ちいい。それはずっと前から知っていること。

そして2人で責めている時、もうひとりが何がしたいか、この瞬間に何をふたりでしたいか。

互いの脳を、心を、指先を、爪先を。
共有する瞬間があって、それが最高に気持ちいいことを教えてくれたのは里緒奈さんです。

そんな彼女がミルラから居なくなったのは悲しくて寂しくてはじめに話を聞いた時泣いてしまいました。

だけど、SMに限らず、同じ職場の人間が、居なくなってしまうということに、こんなに心の底から寂しく思ったのは、初めてです。

そんな風に思わせてくれるSM歴としては後輩、人としてはちょっと先輩、年齢的には同僚。

そんな彼女に出会えたのは、私の人生の肥やしとなることでしょう。


お疲れ様でした!ありがとう!!


タイトル2020。
2020年の抱負も目標も何も記してない私の2020年のはじめの日記。


読み返したら多分ちょっと恥ずかしい。






十三花


  1. 2020/01/03(金) 21:28:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
次のページ

最新記事

プロフィール

十三花(TOMiCA )

Author:十三花(TOMiCA )
拠点を名古屋から東京に移し、SM活動中。
まだまだ勉強中ですが、緊縛が好きです。

楽しいことが大好き。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (150)
play (87)
日常 (12)
独り言 (1)
イベント (27)
show (5)

 Twitter

SM以外の日常的な事も日々呟いています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR