FC2ブログ

TOMiCA's log

ジュンくんちのお姉さん




私が小学校に上がる前までに暮らしていた家のお向かいに、ジュンくんという4つか5つくらい上の男の子が暮らしていた。


ジュンくんはお兄さんだし、近所には同い年の女の子が何人も暮らしていたから、ジュンくんと遊ぶ機会はそんなになかったけれど。


ジュンくんの家にはジュンくんのお父さんとお母さんと。そしてお姉さんが一緒に暮らしていた。

「ジュンくんのお姉さん」ではなく、「ジュンくん'ち'のお姉さん」と呼ばれていたし、私もそう呼んでいた。

ジュンくんの本当のお姉さんではない。

そんな噂を聞いたけれど。

本当のお姉さんじゃないということはニセモノなの?当時はよく解らなかった。




ジュンくんのお父さんとお母さんは、まちの大きな中華料理店で働いていた。

お姉さんはそのお店のウェイトレスだった。

夜、たまにそのお店に家族で食事に行くと、お姉さんが笑顔で「いらっしゃいませ」と迎えてくれるのだ。

真っ赤な、艶々のチャイナドレスに身を包んで。
ふわふわの茶色い巻き髪と、スラリと細い体に、チャイナドレス。

私はチャイナドレス姿のお姉さんを見ると、ドキドキした。

大きなメニュー表、回転テーブル。

華奢な指で並べられる中華料理。

目の前の料理よりも、私はお姉さんばかり見ていた。





そんなお姉さんは、丘の上の、同じような大きさの家が並ぶ、静かな住宅街には似合わなかった。


家の前で、近所の女の子たちと縄跳びやケンケンパやセーラームーンごっこをして遊んでいると、たまにお姉さんが車で出かけていく姿を見た。

ネイビーブルーのかっこいい車。BMW。

私はセーラームーンなんかよりずっとずっとお姉さんに憧れていた。

にっこりと笑いかけてくれる、大人の女性。




巻き髪、チャイナドレス、BMW。



幼い頃の記憶。

きれいなお姉さん。

不思議なお姉さん。

妖しいお姉さん。

憧れのお姉さん。

ジュンくんちのお姉さん。






私はすっかり大人になって、きっとあの頃のお姉さんよりも歳上になった。


チャイナドレスに袖を通した時。

お姉さんの妖しい笑顔が浮かんだ。


私はお姉さんの、名前すら知らない。








十三花
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 2018/10/29(月) 08:38:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トーキングヘッズ叢書 NO.76 グラビア掲載







雑誌 トーキングヘッズ叢書No.76 に私のグラビアが掲載されています。

毎号テーマを掲げ特集が組まれるトーキングヘッズ 。

今回のテーマは「天使/堕天使」。


以前からたまにモデルをさせて頂いているフォトグラファーの堀江ケニーさんからお誘いを頂いた際、

「なんで、私が 天使/堕天使に?!」

と、四谷学院の広告のような気分でしたが。

添えてくださった気さくな文章を読んで、なるほど!と思うと共にじんわりとした感動をおぼえました。








取り扱い店舗はこちら。
http://www.a-third.com/th/info/thstore.html



入手したら報告してね。


十三花
  1. 2018/10/28(日) 15:44:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

わたしたちは今日を待っていた

「Happy Halloween!!」













すれ違う仮装をした人々にそう声をかけられ、笑顔で鸚鵡返しをして手を振る。

写真を撮らせてほしいという人々に笑顔で答える。 ついでに私たちのツーショットもお願い。



今日の歌舞伎町はいつにも増して賑やか。

ハロウィン前の土曜日の昼下がり。

きっとわたしたちは、時計を連れて歩きたい我儘な彼女に付き合わされている彼。

そんな風に映っていたのでしょう。

わたしたちは今日を待っていた。

ずっと。

今日なら大丈夫な気がしていたんだ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





彼に初めて会ったのは私が東京に来てすぐのことだった。

女装をしたい、そう言っていたけれど。

「友達からたまたま貰った」というドーランを持参してきたのだ。

なんとなく塗られてみたい気がする。

そんな風に言っていた。

顔を白く染めるとみるみる高揚する身体。

彼はそれから何度も「友達からたまたま貰った」ドーランを持って現れた。

それを否定したりはしなかった。

何となく、なんとなく。

彼は自分自身の性癖を受け入れられずにいるのではないかと思った。



私は特に何も聞かずに、顔や体に色を重ねた。

自身ですら受け入れられない性癖。

なら私が受け入れてあげるよ。

だって楽しいもの。私の楽しさがあなたの快感に繋がるなんて、こんな楽しいことはない。


それから暫くして、何故そうなったのか、ぽつりぽつりと語り始めた。

それは私と彼の秘密のお話だけれど。

きっとその頃から、自身の性癖を、自分自身を。
少しずつ受け入れられるようになっていった気がする。









「いつかはこの姿で外を歩いてみたい」

そんな風に言いだしたのはいつ頃だっただろう。
きっと、ハロウィンなら。

街中におかしな仮装をした人々が溢れかえる日なら。

大丈夫。出掛けられるはず。


わたしたちは今日を待っていた。

ずっと。

今日なら大丈夫。



黒い全身タイツに身を包み、顔を黒く塗る。
「時計になりたい」

それは彼からのリクエスト。

ベッドに寝かせて、馬乗りになり。

顔を黒く塗っていく。

私の太ももに、尻に。鼓動がどんどん伝わっていく。

体が熱くなっていく。

私は彼に合わせた服装をしてきた。黒いワンピースに帽子。
時計を連れて歩くのにはお似合い。





これはSMなの?

なんて野暮なことは聞かないで。

誰にも言えなかった秘密。

開けなかった心。



それを少しずつ解放してくれて、

「十三花さんに出会えて本当に良かったです」

なんて、少し瞳を濡らしながら言うのよ。


開けなかった心を開いてくれること。

これは私の快感の一つです。




十三花
  1. 2018/10/27(土) 16:18:56|
  2. play
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

秘密の時間









photographer: T
  1. 2018/09/23(日) 10:34:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

【9月21日(金)~23日(日)】名古屋出張




《日程》
9月21日(金) 18時30分~22時 受付


9月22日(土) 13時~22時 受付


9月23日(日) 14時~16時(16時からは80分のみ) 受付


《ご予約受付期間》




8月24日(金)~9月18日(火)迄




※完売になった場合、期間に限らず終了いたします。




当日予約など受付期間を過ぎてからのご予約は承れません。予めご了承ください。






遂に第六弾!名古屋出張します。

名古屋の皆様にお会いできるのを楽しみにしておりますよ♡

ご予約の流れなど詳しくはこちら、やや日刊ミルラをご覧ください。

http://clubmyrrh.blog79.fc2.com/blog-entry-1983.html




対応エリアはこちら。

http://clubmyrrh.blog79.fc2.com/blog-entry-1984.html








栄四丁目五丁目の女子大エリアがおすすめです。何故なら元々その辺でSMをしていたから。

そして今回はシルバーウィークイベントと名古屋出張が被ったので、名古屋でも180分38,000円の特別コース対応です。


180×2の6時間もおすすめです。





名古屋を離れて今年で5年。所属先はミルラが一番長くなりました。


こんな風に自由にやらせてくれるミルラが大好きです。



名古屋の方々のみならず、東海関西方面からも新宿よりは圧倒的に近いので、是非。



みんなに会えるのを楽しみにしているよ。







十三花
  1. 2018/09/01(土) 18:53:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

最新記事

プロフィール

十三花(TOMiCA )

Author:十三花(TOMiCA )
拠点を名古屋から東京に移し、SM活動中。
まだまだ勉強中ですが、緊縛が好きです。

楽しいことが大好き。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (129)
play (85)
日常 (12)
独り言 (1)
イベント (23)
show (5)

 Twitter

SM以外の日常的な事も日々呟いています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR